スポーツ

ソフトB甲斐、驚異の1試合4盗塁阻止肩の強さの秘密とは…

投稿日:

ソフトB甲斐、驚異の1試合4盗塁阻止肩の強さの秘密とは…

ソフトB甲斐、驚異の1試合4盗塁阻止肩の強さの秘密とは…

珍しい記録だった。
9月17日の西武―ソフトバンク戦(メットライフドーム)。
ソフトバンクの捕手・甲斐が、1試合で4つの二盗を阻止した。


2回に金子侑、秋山、3回に源田、そして6回には再び金子侑。
捕球から二塁送球タイムは1・7秒台という驚異的なタイムだった。
その時点で今季の盗塁阻止率は・464となった。


甲斐に肩の強さの秘密を聞いたことがある。


「とにかく、小さい頃から手首をずっと鍛えていましたね」。


1メートル70と捕手としては小柄な体格ながら強じんな手首を生かし、相手の機動力を封じている。


昨季は自己最多の103試合に出場しゴールデングラブ賞、ベストナインも受賞したが「試合に出させてもらった。
(タイトルは)僕だけの力ではない。
成績には納得いっていない」と、今季こそ正捕手として認められる成績を残すことが自身のテーマだ。


昨季は先発投手によってベンチスタートの試合が多かったが、今季途中からはどの投手でもスタメンマスクをかぶる。
ただ、終盤にベテラン・高谷に交代する機会が多いだけに、納得はいっていないだろう。
吉鶴バッテリーコーチは「拓也が最後までかぶるのが一番いいとは思うけど、試合の展開とか高谷の安定感もある。
1試合、守る経験を積んでいけば、また成長する。
そうなるためにどうやっていくか」と期待を込める。


逆転優勝に向け、厳しい状況には変わりはないが、Aクラスに入れば、日本一への道はつながる。
クライマックス・シリーズ(CS)、日本シリーズなどの短期決戦では、一つの盗塁が勝敗を左右することもある。
甲斐の肩が試合を決めるシーンも見られるだろう。
(記者コラム・川島毅洋)

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000084-spnannex-base

「ソフトB甲斐、驚異の1試合4盗塁阻止肩の強さの秘密とは…」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 11:44:24 ID:48b3282c9

    バッティングが良ければ、もっといいけどね。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:52:24 ID:3dd8dad56

    小柄な体で良くやってくれている!昨日はナイスバッティングでした。強肩注意報発令しますように!

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:03:15 ID:403f86db2

    今後も盗塁阻止とリ-ドも頑張ってホ-クスの勝利に貢献してもらいたい!

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:57:58 ID:cac865278

    肩が強いだけじゃない。捕球してから、送球までが凄く速い。コントロールも良いから、ほぼ刺される。甲斐から、盗塁するのは、至難の技だな。

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:20:43 ID:456332747

    肩は消耗品、使いすぎずケアしながら末永く頑張ってください。

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:05:07 ID:bd0e69e11

    噂のカイキャノンですな!

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:07:36 ID:177ff89bc

    でも、負けると。。あの3連戦はもったいなかった。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:35:41 ID:9f8835faf

    盗塁主体のリードになってる。まずは抑えるリードを!西武戦はとくにそうであったからあれだけ打たれた。もう少し考えてほしい。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:40:14 ID:680b5af54

    甲斐キャノンをヤフオクDで観ると本当に盛り上がります。昨日はバッティングも絶好調だったし、この勢いで今日の活躍にも期待しています。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:16:13 ID:6cdf50064

    スローイングは拓也だけど、リードは高谷だよね。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 12:04:25 ID:e85b3e408

    来年からは甲斐が正捕手の時は相手チームの盗塁の企画自体が減るだろうな…。相手も成功率が高いと思った時しか走らせないだろうし、それだけ警戒されてる中で、どれだけ盗塁阻止ができるのかも楽しみ。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 11:29:52 ID:ee423f66d

    1.7は速すぎる!!走者がリード位置から二塁ベースまで2秒はかかるのに物理的にも理論的にも不可能!!

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:09:32 ID:82bfa80ed

    ファイターズの西川選手、ライオンズの源田・金子・外崎選手と、ポストシーズンでは盗塁のタイミングも見所ですな!

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:10:32 ID:c57853d8d

    背が伸びるか分からない小さな頃から手首を鍛えてたって事は、体を全体的に良く使う練習が昔からできてたってことなのかな?日本代表のメンバーが体でボールを止める練習を見たけど甲斐が一番安定して上手かったよ。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:37:35 ID:78fe84cdd

    純粋な肩の力だけなら巨人・小林が上だが、俊敏性など身体の使い方を含めたら甲斐が上回る。手首をずっと鍛えていたのはしりませんでした、こういう小さな努力の積み重ねで今の甲斐が出来上がったんですね。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 11:12:17 ID:f538538f8

    鷹ファンだが、甲斐は肩の強さ以上に、スローイングの精度がすごいと思う。

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:43:31 ID:e71e09180

    TVで見てたけど、甲斐くん凄かった。でも、ライオンズも各ランナー、走ってタイミングを測ってた気がします。今後の対戦楽しみです。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:09:36 ID:54ed2dbe6

    捕手は独占業務だからね打って、リードできて、守れたら、お金がたっくさん貰える仕事ってこと古田、城島、阿部がいるチームは強かった

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 11:00:13 ID:8c301e8a1

    コリジョンルールが出来て、小柄な捕手でも正当に評価される時代になったと思うもし以前のように、捕手のブロックや走者の体当たりが認められていたら、甲斐や森のように小柄な捕手はどうなっていたかあれだけの肩や守備、打撃を持ちながら、理不尽な衝突で選手生命を絶たれていたかも

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 14:37:23 ID:65c56b07a

    肩は強くも弱くもない標準的山なりの球投げてるときもある盗塁阻止は捕手より投手の方がはるかに重要

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:21:11 ID:afc90d748

    今年も甲斐がGGなんだろうけど、流石にB9は森友だろうな。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 11:38:04 ID:cedb9575a

    小林も肩いいけど、甲斐も肩いいからな。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:11:21 ID:b374d40ce

    甲斐捕手の肩や手首にフォーカスされますが、下半身の使い方にフォーカスして欲しいですね。古田敦也さんや谷繁元信さんとの共通点があります。

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 12:27:33 ID:6764e1632

    細川、鶴岡、高谷の時は本当に良く走られた。投球モーションバンデンの時はかなり酷かったが、甲斐になってから本当に走られなくなった。リードはまだまだ高谷の方が上で教科書通りが抜けない。しかし、経験が物を言うので仕方がない。贅沢を言えば城島の様なキャッチャー牽制アウトがみたい。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:35:57 ID:4a0835d08

    昨日も刺した。大きく前に弾いたボールを捕って。しかもワンバンのカーブだったと思う。肩の強さはもちろん、捕ってから投げる動作もムダがないですね。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 13:45:53 ID:5c5e34737

    肩とワンバン捕球で一軍に定着したから、この二つは誰にも負けないんじゃないかな?

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 12:15:04 ID:4cd7de874

    育成で三軍の頃はまさかここまで活躍するとは夢にも思わなかったよ…

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:08:46 ID:fdbc5420d

    この前NHKのニュースで甲斐捕手のスローイングを“甲斐キャノン”と称して絶賛していましたがあのスローイングでもまた盗塁阻止率5割に届いていないのですよねうろ覚えで申し訳ありませんが古田さんは盗塁阻止率6割近く行った年がありましたね どういう肩をしているのでしょう

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:41:27 ID:e37579f78

    捕手は大変なポジションだと思う。リードし、ワンバウンドの球を止め、盗塁を刺し、それでいて打撃も求められる。甲斐選手は、体を張って、よく頑張っている。気になるのは、最近の西武戦で、序盤に大量点を与えたこと。リードのパターンが研究されて見抜かれているのだろうか。そこを乗り越えて、さらに名捕手の名を不動にしてほしい。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:20:17 ID:266bc258e

    今シーズンの西川選手の盗塁失敗は全部甲斐さんですよね?たしか、、

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 14:11:13 ID:7d627e0a8

    次の西武戦では盗塁成功するだろう。いつまで研究されないわけではない。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 12:16:56 ID:45cf67050

    盗塁を意識するあまりストレートが多くなって打たれて負けたら本末転倒じゃないの?

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 10:54:12 ID:e6eb30f2e

    (ガン)キャノンと言えばカイやね

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 12:50:13 ID:a6f6d2f10

    確かに甲斐の強肩は素晴らしい。だけど、その強肩が故に盗塁阻止が優先されて、一塁にランナーが出るとリードが単調(ストレート中心)になるきらいがあると、とある評論家が指摘していた。

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 13:52:09 ID:ef385f2b7

    金子、源田がさされるんだから、相当なもんや。左投手やったけどね。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 14:13:09 ID:f99c0d5d6

    3回アウトになっても4回目走ったライオンズも凄い!最初の金子侑司はセーフだったけど

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 11:36:47 ID:82a01fa89

    守備だけなら甲斐か小林が日本代表で良い。でも2人とも打力無いから、代表には打てる捕手が必要。

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 11:22:50 ID:4e003ef42

    もうちょっと打てれば、完璧なんだけどな。

  39. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/23 12:29:10 ID:aee2c82df

    西川、源田、金子を楽々刺せるってすごいよ。

まとめ

西川、源田、金子を楽々刺せるってすごいよ。

以上、ソフトB甲斐、驚異の1試合4盗塁阻止肩の強さの秘密とは…のまとめでした。


Source: Its a Sports World !
ソフトB甲斐、驚異の1試合4盗塁阻止肩の強さの秘密とは…

-スポーツ

Copyright© トレンド&ニュースナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.